聖母マリアの特大レジスト

販売価格 16,000円(税込17,280円)
購入数

(編集中です)
サイズ 

プレゼピオ作家のマリアさんのアトリエより、今期はレジストを数点追加しました。

さて、今回のコレクションの中でもこちらは目を引く特大サイズ。

仕様は、レースを重ねたようなホワイトonホワイトの台紙に、刺繍とスパンコールで唐草の花柄を表現しています。上部のリボンにも同様のスパンコールでアクセントが。いつもながら細部まで凝っています。
大きい作品ですが、全体が明るいトーンなので、重たくなることもなく、飾ると空間が華やか、少し厳かに?になるように感じます。
_

実は今回、マリアさんを尋ねる前に、聖地ファティマにも買い付けに行ったのですが、幾つかのお土産屋さんでレジストを見かけました。そのあとにマリアさんを訪ねたわけですが、同じレジストと言っても、もう作品のパワーが全然違うのですね!正直ファティマで購入したことを後悔しました笑。一点ですが、、店頭では素敵と思ったものの、マリアさんの作品と比べるとクオリティの違いが歴然で、ネットショップには出せません、、。
作品に込める熱量というのか、好きのエネルギー量とでもいうのか、とにかく感じるものが全然違うのです。手間の多さ、一点一点の構想にかける情熱、毎回感動してしまいます。

だって、彼女自らシントラの山奥まで作品の材料にする苔や木の枝、きれいな小石を採集しに行っていると言うのです。(私はてっきりパーツ屋さんで購入した材料を使っていると思っていました。)

自宅での自由時間にも手を休めることなく、例えばテレビを見ながら、パーツにする花弁を布から切り出しているといいます。それに飽きたら銀線のバネを伸ばしてフィリグリーの要領で花弁を一枚ずつ作っていきますし、装飾に使う細紙を丸めたり、とにかくプレゼピオなりレジストを作る以前のパーツ制作に、気が遠くなるほど長い準備を要するということがわかりました。


作家さんはこちら☆

Your recent history